MENU

手作りおやつでダイエット

 

甘いものが大好きな人にとって、ダイエットはとても苦しいものでしょう。ダイエット中とはいえ、食事の後にはやっぱりデザートが欲しくなったりするものです。市販のお菓子はカロリーが高いものが多いので、ダイエット中は涙をのんで我慢をするという場面もあるかもしれません。ダイエットの我慢はつきものですが、ストレスをため過ぎるのも良いことではありませんから、時々は少しだけ甘いものを「解禁」して、ダイエットの励みにしてみてはどうでしょうか?手作りの低カロリーなおやつであれば、より安心ということができそうです。

 

焼きリンゴは、ダイエット中でも少しぐらいなら食べられるヘルシーなお菓子の代表選手と言えるでしょう。バターや砂糖を使うレシピもありますが、ダイエット中はシンプルにリンゴの風味を味わいたいものです。リンゴは皮付きのまま芯をくり抜いておきます。皮の部分の所々にフォークなどで穴をあけておくと、焼き上がりがきれいです。くり抜いた芯の部分にレーズンを少し詰めて、ナツメグやシナモンといったスパイス類をふりかけ、ホイルで包んでオーブンで焼きます。リンゴの焼けるいいにおいがしてきたら、できあがり。熱々でも、冷たく冷やしても美味しいデザートです。

 

 

 

 

栄養バランスの重要性

 

栄養素は、熱量素、構成素、調節素の3つに分けることができます。ダイエットをする場合には、カロリーコントロールとともに、この3つをバランスよく摂取することが大切です。熱量素は、生命を維持し、活動のエネルギー源となるものです。構成素は、筋肉や血液、内臓、骨などのもとになるものです。調節素は、各器官を正常に保って、発育を助けるものです。どれが欠けても体に問題が生じることになりますから、ダイエットで食事制限をする場合も、この3つをしっかり摂取するように心掛ける必要があります。

 

もちろんダイエット中でなくても、体に必要な栄養素を過不足なく摂取することは、とても大切なことです。栄養のバランスをとるためには、いろいろな食品を組み合わせて摂取する必要があるため、総摂取カロリーを低く抑えるダイエット時には、その調整が難しいことになります。ダイエットメニューを考える際には、栄養に十分注意をしましょう。

 

「一日30品目」などと言われるように、栄養バランスをとるためには、一日のうちに可能な限り多くの食品を摂取することが大事です。ダイエット中はどうしても摂取する食品が限られてしまうものですが、ローカロリーの食材をいろいろ試してみると良いのではないでしょうか?

 

 

 

 

食生活を見直そう

 

栄養に関するちょっとした知識があるかどうかで、その人のダイエットのやり方はかなり変わってくるのではないでしょうか?ダイエットと栄養は、切り離すことのできない深いつながりを持つものなのです。特にダイエットを意識していない時であれば、何気なく食べものを口に運んでいる人が多いと思いますが、総摂取カロリーや栄養のバランスが気になり始めてくると、食事のテーブルに向かう意識が、きっと変わってくるはずです。ダイエットは、日頃の食生活を見直すための良い機会ということもできるでしょう。

 

一日三度のバランスの良い食事は、ダイエットの第一歩です。偏食や好き嫌いはやめて、できるだけ多くの種類の食品を幅広く摂取すること、決まった食事の時間を守ること、十分よく噛んで食べることは、ダイエットのためだけでなく健康のためにも重要なポイントとなる事柄でしょう。また、いつも同じものばかり食べているというようなことにならないように、季節感を取り入れた楽しく変化のある食卓を心掛けることも大切です。どんなに好きな食べものでも、毎日同じものばかり食べないようにすることも大事でしょう。ダイエットをきっかけに、健康的な食生活を心から楽しめるようになれば、一石二鳥といえるかもしれません。